ビットコインってどうなの?

ビットコインなどの仮想通貨で稼ぎたい人のための情報ブログ

オンリーワンな機能で大金融機関の決済通貨の座を次々に射止めるリップル




2017年後半から2018年初頭にかけて仮想通貨の市場は大荒れに荒れました。その中でも特に大きな話題だったのは二つ、圧倒的先行者だったビットコインがハードフォークして世界一のマイナーであるジハンウー氏の後ろ盾でビットコインキャッシュができたこと。それから数百億円単位のネムが取引所から盗み出され数十万人規模のユーザーの資産が凍結されパニックの一歩手前まで行ってしまったこと。

ハードフォークにしろ不正取引にしろ小規模なものは繰り返されていますがこの二つはとにかく規模が全世界でくまなく報道されるレベルの事件だったのでマーケットにも強烈に影響を与えました。

特にネム盗み出しの事件の方は仮想通貨取引会社のセキュリティに対する信頼を大きく損なわせ、システムをよく理解していない部外者に対しては「仮想通貨自体が盗まれやすい危ない」というような間違ったメッセージをも与えてしまいました。

実際にはネム自体が持っている多段階のセキュリティシステムをマニュアル通りに使っていればオンライン上であっても盗み出すなどということは限りなく不可能ですので事件は未然に防げたはずなので非常に残念ではあります。

ただこの一般的な仮想通貨の弱点、イレギュラーに分岐してハードフォークして価値の目減りしてしまう可能性がある、それから管理者の油断で盗み出されてしまうと追跡がなかなか困難であるというこの二つの弱点を全く持っていない仮想通貨があります。それはリップルです。

ほとんど全ての仮想通貨はブロックチェーン技術を用いて取引が正しいかどうかを市場参加者全員で判断をし早く正確な判断をしたものには一定のコインが割り当てられると言うマイニング作業があるわけですがリップルの場合は一部の特定の非匿名で信用のおける参加者だけが取引の正当性は判断しマイニング作業というものはなく、初めからコインの枚数は1000億枚と決められています。

このことによってリップル発行しているリップ社は取引者を特定することが容易であり、仮想通貨の取引が犯罪に使われることに対する非常に強い抑止力を持っています。

また、この取引の特定の容易さによって仮に盗み出されたとしても犯罪者の追跡も容易であり今現在世界に流通している現金や貴金属よりも”悪人にとっては都合が悪くなる=一般的な善人にとっては暮らしやすくなる”社会を気づきやすくなるとされています。

ただし、通貨なのに匿名性がないことに対しては「中央集権的である」といった批判的な見方もあるようですが、理想論的なものはひとまずおいてここではリップルの投資対象としての優位性に絞って考えてみたいと思います。

技術的な内容は一部省略しますが比較の対象をビットコインに絞ってみるとリップルの実務的な最大の優位性は送金スピードの速さで100倍以上です。ビットコインが10分前後かかる送金取引をリップルだと4秒程度で済ませることができるので大手の金融機関がこぞってリップルに興味を持つのも当然と言えるでしょう。

そして2018年に入りリップルが主に外貨交換なども行いながらの送金手段としての決定的な優位性を結論付けたのが中国政府とWesternUNIONのリップル採用です。中国政府は政府の管理下に入らない仮想通貨の取引を法律で一切禁止にしていますが、その中でリップルだけを特別扱いして決済に使うのを合法化したのはやはり上述したように取引の把握が容易だからでしょう。

いずれにしても中国全土で独占的に使われるとなるとリップルの日本や欧米での価格も上昇する可能性がかなり高いと推測されます。WesternUNIONは、日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが簡単に言うとパスポートなどの身分証明書と会社から発行されるパスワードで世界中どこへでも現金を外貨と交換しながら送金できるというサービスをしている会社です。

この会社の事業もほぼ独占状態に近いのでリップルのマーケットでの評価に貢献する可能性大です。実はリップルには他にも色々と特性を活かしたシステムが組み込まれているのですが、投資マーケットでの将来性ということで言うと取引の補足のしやすさと送金スピードの速さという点で既存の金融機関の信頼を勝ち取っているというところが一番の優位性だと思われます。

他のほとんどの仮想通貨が狭義のブロックチェーン技術を用いている中で、リップルはあえて取引の正誤の確認を一部の参加者に集中させたことによっていわばオンリーワンの評価を受けるようになってきました。競争相手の数が少ないというのは投資対象としては非常に魅力的ですね。