ビットコインってどうなの?

ビットコインなどの仮想通貨で稼ぎたい人のための情報ブログ

リップル(XRP)の特徴について




リップル(XRP)とは、日本人に人気のある「Ripple社」の発行している仮想通貨です。ビットコインやイーサリアムのように価格が高くないことから仮想通貨初心者でも取引しやすいので人気がある仮想通貨のひとつです。

Rippleとは、価値のインターネットを実現するために立ち上げられたプロジェクトです。

価値のインターネットを実現するために世界中の銀行や企業と提携し、迅速かつ低コストで送金できることを目指しています。価値のインターネットとは、インターネットが無料で世界中に提供されているように、低コストでグローバルな資金移動を行えるようにするネットワークの構築を目的としています。

XRPの他の仮想通貨より最も優れているところは先程も説明した通り「送金速度と送金コストの安さ」です。XRPの送金にかかるコストは「0.0004USD」で、日本円に換算すると約0.04円です。この送金にかかる低コストは、他の代表的な仮想通貨であるビットコインやイーサリアムと比較にならない安さです。

もうひとつの優れている「送金速度」。XRPは1秒間に1500トランザクションの処理が行われており、こちらも他の代表的な仮想通貨であるビットコインやイーサリアムの送受金を高速処理をしています。1秒間に1500トランザクションと言われてもピンとこないと思いますが、実際に送金してみると約4分くらいで着金します。

他の仮想通貨の場合は、混雑していたら3日や4日後ということもあるので、決済手段としては他の仮想通貨より断然上です。